ちゃんとケアできていたら…

「キャリア」も「結婚(子ども)」も

充実させたい私が辿り着いたのは

【植物で子宮をケアする】ということ

「このまま何も対処しなければ、不妊治療覚悟してね。」

 

20代半ば、社会人3年目、​ようやく社会人としても色々と慣れてきて、恋に仕事にこれからより頑張るぞ!という時期。

 

私を突如襲ったのは、お医者様からのひと言でした。

もともと重度の生理痛、PMS、生理不順を持っていましたが

周りにも結構そういう人がいたのでさほど気にも止めず、対処もケアも何もしなかった私。

気付いた時には、「無排卵月経」「子宮内膜症」になっていました。

さらに、ホルモンバランスの崩れた私は、ひどい肌荒れも

私の顔を見た人からは、「大丈夫?」「痛々しいね。」「かわいそう」の声。

自分の顔を鏡で見るたびに、鏡を割りたくなるほど。

そして、医師に言われるがまま、顔には、ステロイドとビタミン剤、婦人科系トラブルには、ピルを飲み、ホルモン治療を開始しました。

けれど、対処療法として一定の効果はありましたが、薬をやめればまた元通り。さらには、頭痛、不正出血、体重増加などの副作用にも悩まされていました。

仕事も頑張りたいのに、薬の副作用で体が思うようにならない日々。

私はいち社会人としても、いち女性としても完全に自信を失っていました。

​「もっと仕事を頑張りたい」

「肌が綺麗になりたい」「健康な赤ちゃんを産めるカラダになりたい」

​その一心で、エステに通ったり、女性の体について学んだり、漢方を試したり、様々なことを学び、やっとの思いで辿り着いたのが『植物の力で子宮をケアする』ということ。

西洋医学のように出来たモノを治す「対処療法」とは違い、植物の力を使う「植物療法」は、「カラダに本来備わっている【生きるための力】を引き上げること」。カラダに負担をかけることなく、またこころを癒しながら、生命力・免疫力を高め、本来のあなたに戻してくれる。

そこから生まれたのが、100%Natural Product メディテーショントリートメント(オーガニックハーブ)を使った、仙骨トリートメントです。

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン